稲開花期耐冷性の検定方法とそれを用いた品種間差異

稲開花期耐冷性の検定方法とそれを用いた品種間差異

課題番号1993001973
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題寒地生物資源の低温生理生態の解明及び能力開発技術の確立
大課題寒地生物資源の低温生理生態に関する基礎的解明
中課題寒地における作物冷害・寒害発生機構の解明と耐冷性・耐寒性向上技術の開発
小課題稲開花期耐冷性の検定方法とそれを用いた品種間差異
摘要北海道の障害型冷害は穂ばらみ期に被害が最も大きい。一方、開花期でもしばしば冷害にみまわれ、しかも被害の程度も大きい。ところが、現在でもなお開花期耐冷性の品種間差異が十分解明されていない。しかも、開花期冷害を克服するための技術も全く確立していない。そこで、これまで断片的に検定していた開花期耐冷性について整理し、北海道水稲における品種間差異を検討した。はじめに開花期耐冷性を検定する方法を確立した。その方法に基ずいて北海道水稲品種の耐冷性を比較したところ、耐冷性の強い品種と弱い品種の間に30ー40%の稔実歩合の差が認められた。
研究分担地域基盤・冷害生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034690
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat