そば香気成分の特性解明(54)

そば香気成分の特性解明(54)

課題番号1993002001
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題寒地生物資源の低温生理生態の解明及び能力開発技術の確立
大課題寒地生物資源の能力開発と生理的特性の解明
中課題育種素材の収集、評価、保存
小課題そば香気成分の特性解明(54)
摘要ソバ風味の主体である香りは、脂肪族アルコール、アルデヒド、ケトン等の複合成分であり、単一物質による刺激ではないがアルデヒド類が主要成分であるとされている。ソバ主要品種のソバ粉を用い連続蒸留装置にて揮発性香気成分を抽出し、脱水濃縮した後、分析に供試した。香気成分は分子量の小さい物質(n−hexanal、n−octanal、n−nonanal等)と大きな物質(unknown−1、2、3、4等)に分かれるが、揮発性香気成分としては前者が重要であると推察される。また、玄ソバの温風乾燥と自然乾燥方法では主要なピークが異なっており、これら香気成分は乾燥条件に大きく影響されるものと考えられる。
研究分担畑作生産・厳寒資源研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034718
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat