選抜クロ−ンを用いた効率的な育種法の開発と交配母本の作出(63)

選抜クロ−ンを用いた効率的な育種法の開発と交配母本の作出(63)

課題番号1993002011
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
他機関生資研【石毛光雄;今井剛】
研究期間継H03〜H07
年度1993
研究問題寒地生物資源の低温生理生態の解明及び能力開発技術の確立
大課題寒地生物資源の能力開発と生理的特性の解明
中課題バイオテクノロジー利用による新生物資源の開発
小課題選抜クロ−ンを用いた効率的な育種法の開発と交配母本の作出(63)
摘要プロトクローンの1/2〜1/3がrugose状を示し棄却された。2年目クローンの無反復試験でも熟性、収量、澱粉価、ビタミンC含量、いもの形、休眠性にクローン間差がみられたが、1年目(マイクロチューバ栽培)との年次相関はいもの形と休眠性だけに認められた。顕著な変異クローンとして白花と白芽のキタアカリがそれぞれ1クローン出現した。3年度そうか病汚染圃場で栽培し、無病徴で選抜したクローンはメークインで5/16、キタアカリは5/14がそうか病に抵抗性であった。5年度、病徴を詳細に検討する予定である。
研究分担作物開発・馬鈴しょ研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034728
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat