オーチャードグラスの無花粉化系統の作出(64)

オーチャードグラスの無花粉化系統の作出(64)

課題番号1993002012
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H03〜H12
年度1993
研究問題寒地生物資源の低温生理生態の解明及び能力開発技術の確立
大課題寒地生物資源の能力開発と生理的特性の解明
中課題バイオテクノロジー利用による新生物資源の開発
小課題オーチャードグラスの無花粉化系統の作出(64)
摘要維持個体を検出するため雄性不稔のMS795とMS796の2個体を用い、正常な20個体を組合せ、20組の交配を隔離交配室内で行い採種した。MS795およびMS796の開放受粉後代における完全不稔型の割合は68%以上で高かった。MS795およびMS796の開放受粉種子およびペアクロス種子は稔実種子割合が33〜67%であったのに対し、MS90−1〜MS90−14の開放受粉種子の稔実種子割合は0〜30%であった。20品種について、葯内の花粉数などを調査し産出花粉量を算出した結果、品種間に変異がみられた。
研究分担飼料資源・イネ牧研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034729
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat