イネ幼苗における低温誘導性遺伝子の発現パターンの解析による耐冷性機能の評価(66)

イネ幼苗における低温誘導性遺伝子の発現パターンの解析による耐冷性機能の評価(66)

課題番号1993002014
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題寒地生物資源の低温生理生態の解明及び能力開発技術の確立
大課題寒地生物資源の能力開発と生理的特性の解明
中課題バイオテクノロジー利用による新生物資源の開発
小課題イネ幼苗における低温誘導性遺伝子の発現パターンの解析による耐冷性機能の評価(66)
摘要日本型・ジャワ型・インド型の22品種のイネ幼苗について、5つの低温誘導性遺伝子及び光合成関連遺伝子について発現の品種間差を調べた結果2つの低温誘導性遺伝子RC167及びRC235の低温下でのmRNA蓄積量と低温枯死耐性との間で互いに逆の傾向を示す相関が示された。即ち、RC167では低温枯死耐性の品種で強い発現がみられ、逆にRC235では低温枯死感受性の品種群で強い発現がみられた。他の遺伝子については明確な傾向を持った品種間差は見られなかった。RC167及びRC235について品種間でのRNAのサイズの変異は検出されなかった。RC167およびRC235のcDNAの部分塩基配列を決定し、データベースに対して相同性検索を行ったが、明確な相同性を示すものはなかった。
研究分担作物開発・育種工学研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034731
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat