葯特異的遺伝子プロモーターの利用による組換え植物の雄性不稔化

葯特異的遺伝子プロモーターの利用による組換え植物の雄性不稔化

課題番号1993002016
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題寒地生物資源の低温生理生態の解明及び能力開発技術の確立
大課題寒地生物資源の能力開発と生理的特性の解明
中課題バイオテクノロジー利用による新生物資源の開発
小課題葯特異的遺伝子プロモーターの利用による組換え植物の雄性不稔化
摘要組換え植物においては、その安全性が評価されるまでの間は、花粉の飛散による導入遺伝子の自然拡散が問題となる。そこで、植物の葯組織で特異的に発現する遺伝子のプロモーターを利用して、自己障害的遺伝子を葯で特異的に発現させることにより、組換え植物を雄性不稔化し、花粉の拡散を防止することが考えられる。また、雄性不稔化された組換え植物は、F1品種開発上の育種素材として利用できる。本研究では、形質転換系が既に確立され、かつ雄性不稔系統の作出が望まれているレタスについて葯特異的遺伝子プロモーターの利用による組換え植物の雄性不稔化を行う。
研究分担作物開発・育種工学研野菜研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034733
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat