てんさい単胚種子の品質向上(68)

てんさい単胚種子の品質向上(68)

課題番号1993002019
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継S53〜H05
年度1993
研究問題寒地生物資源の低温生理生態の解明及び能力開発技術の確立
大課題寒地生物資源の能力開発と生理的特性の解明
中課題寒地作物の採種、増殖技術の開発
小課題てんさい単胚種子の品質向上(68)
摘要てんさい単胚種子の双胚出現率を調べるため、雄性不稔種子親系統とその維持系統(CMS及びO型系統)3材料、一代雑種2材料を用いて双胚(Twin)出現率を調査した。双胚種子の無い雄性不稔系統と比較的多い系統とのF1では、双胚種子の出現が無かった。また、比較的多い雄性不稔系統と比較的多いO型系統とのF1は、両親より少なかったことから、Twinの出現に対してCMS、O型系統側に何らかの遺伝的関与があるものと考えられた。単胚一代雑種種子を用いて、粒径別に双胚種子の割合を調査した結果、明らかに小粒種子は双胚種子の割合が低く、大粒種子に多い傾向が認められ、特に、4.25mm〜4.50mmの種子に多いことが判明した。
研究分担畑作生産・甜菜育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034736
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat