てんさい単胚O型個体の選抜及び系統の育成(109)

てんさい単胚O型個体の選抜及び系統の育成(109)

課題番号1993002056
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継S36〜H10
年度1993
研究問題寒地畑作・園芸作農業における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物・園芸作物の優良品種の育成
中課題畑作物の優良品種の育成
小課題てんさい単胚O型個体の選抜及び系統の育成(109)
摘要雄性不稔系統を育成するために基本となるO型(雄性不稔維持系統)個体の選抜並びに系統の育成を行った。4年度は、自殖系統N2n−29に由来する4家系のテスターとの交配並びにS3自殖、N2n−29のO型個体選抜と自殖を行った。N2n−29の家系は多収性を示す系統が多かった。N2n−42由来系統は高ブリックス度で有望であり、N2n−43由来系統は多収でややブリックス度が高く、しかも有害性非糖分含量が低く高品質で有望と考えられた。N2n−43−3由来の4材料について有害性非糖分を比較したところ、選抜による効果があると推察されたものの、大差は見られなかった。有望と思われる6系統について選抜を行い、集団採種兼単交配採種を実施中である。異型雄性不稔細胞質に対するO型個体の選抜を開始した。
研究分担畑作生産・甜菜育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034773
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat