アスパラガス組織培養体の超低温保存(135)

アスパラガス組織培養体の超低温保存(135)

課題番号1993002083
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題寒地畑作・園芸作農業における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物・園芸作物の優良品種の育成
中課題野菜の優良品種の育成
小課題アスパラガス組織培養体の超低温保存(135)
摘要アスパラガスの培養個体の節部切片を0.7Mショ糖を含むMS培地で2日間前培養した。乾燥のみの場合でも含水率が19%以下になると生存率は急激に減少した。前培養を行なった節部切片と行なわないものを用いて糖の含量を測定した。その結果、2日間の前培養によってショ糖及びグルコース、フルクトースが増加していることが明らかになった。一方、乾燥後液体窒素処理したアスパラガスのエンブリオジェニックなカルスの生存に及ぼす前処理の影響をみたところ、0.7Mショ糖及びショ糖とABAを含んだ培地での前培養が効果的であった。乾燥及び液体窒素処理に対するABAの効果は、明らかではなかった。液体窒素処理したカルスからはその後、体細胞胚経由で植物体が得られた。
研究分担作物開発・野菜研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034800
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat