球根花きの耐低温性検定法の開発(153)

球根花きの耐低温性検定法の開発(153)

課題番号1993002101
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H03〜H07
年度1993
研究問題寒地畑作・園芸作農業における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物・園芸作物の低コスト、高品質、安定、多収化技術の確立
中課題野菜の高品質、安定、多収化技術の確立
小課題球根花きの耐低温性検定法の開発(153)
摘要耐低温性の種間差を明らかにするため、アリウム、チューリップ、ユリ等を用いて露地(積雪下)並びに無加温ガラス室内での越冬状況を調査した。露地では定植の遅れた一部の株が枯死した程度であったが、無加温ガラス室に置かれたアリウムでは秋萌芽性の高いコワニーやロゼウムで時間の経過とともに枯死率が高まった。一方、露地での萌芽時期を見ると、チューリップやアリウムでは融雪時に大部分が萌芽しており、低温伸長性の高いグループと考えられた。これに対し、ユリは4月中旬から5月中旬に萌芽が見られ、フリチラリアは4月中下旬に萌芽した。5年度は花器への顕著な低温障害は認められなかった。
研究分担作物開発・花き研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034818
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat