基幹畑作物の短期連作栽培技術の確立(162)

基幹畑作物の短期連作栽培技術の確立(162)

課題番号1993002110
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継S63〜H06
年度1993
研究問題寒地畑作・園芸作農業における総合生産力向上技術の確立
大課題畑作物・園芸作物の低コスト、高品質、安定、多収化技術の確立
中課題連作限界の解明と短期連作技術の確立
小課題基幹畑作物の短期連作栽培技術の確立(162)
摘要平成4年度はコムギ初作区〜連作3年目区における収量構成要素の比較、連作3・4年目圃場における耕種処理による収量構成要素の変動の比較を行った。連作年次により収量構成要素は有意に変化しなかった。また、追肥処理は収量構成要素を変動させたが、播種期、播種量、耕起深による収量構成要素の変動はわずかであった。連作年次は収量を変化させなかったが、立枯病の罹病程度を変化させた。連作2年目までは、立枯病はスポット状に発生するだけであったが、連作3年目以降の圃場では播種畦方向に発病が広がる傾向が見られた。また、立枯病の発生は耕種処理によって変化することはなかった。
研究分担畑作管理・作付体系研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034827
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat