とうもろこしの省力多収栽培法の確立(198)

とうもろこしの省力多収栽培法の確立(198)

課題番号1993002142
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題草地・飼料作を基盤とする寒地畜産における総合生産力向上技術の確立
大課題高栄養自給飼料の低コスト生産利用技術の確立
中課題高栄養牧草・飼料作物の多収性群落の創出とその維持管理技術の確立
小課題とうもろこしの省力多収栽培法の確立(198)
摘要とうもろこしの栽培において除草剤は省力化に大きな役割を果たしている。そこで、新たに開発された各種除草剤の利用方法を明かにして北海道におけるとうもろこし栽培の省力化に役立てる。広葉向け土壌処理剤KPP300を3処理濃度で試験を行った結果、30ml/aの高濃度で効果が高かった。茎葉処理剤SL−950を濃度15ml/aで7品種を用い、3〜4葉期に処理した結果ではいずれも効果が認められ、また薬害の発生はみられなかったことから実用化への期待がもたれた。一年生雑草全般に効果が期待された土壌処理剤PL−10乳剤を3濃度で試験した結果、40、50、60ml/aの各濃度で除草効果が高く、サイレージ用とうもろこし品種およびスイートコーン品種のいずれにおいても薬害が認められなかった。KPP300乳剤及びPL−10乳剤は今後の適用試験の結果によっては実際栽培で利用が可能と思われる。
研究分担飼料資源・飼料育研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034859
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat