個体環境が泌乳能力発現に与える影響の解析

個体環境が泌乳能力発現に与える影響の解析

課題番号1993002161
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
他機関熱研
研究期間新H05〜H09
年度1993
研究問題草地・飼料作を基盤とする寒地畜産における総合生産力向上技術の確立
大課題乳牛・肉用牛の低コスト飼養管理技術の開発
中課題乳牛・肉用牛の効率的育種システムの開発
小課題個体環境が泌乳能力発現に与える影響の解析
摘要雌では産子数が少ないため、互いに強い血縁関係を持つ個体が少ない.したがって、雄に比べ1つ1つの記録の正確さが遺伝能力推定に大きな影響を与える。しかし、泌乳は環境の影響を大きく受けるため、正確に雌の遺伝能力を推定するためには、環境要因を適切に除くことがより重要である。一般に、分娩季節のように、多くの個体が同様に影響を受けるもの(牛群環境)は、遺伝能力推定の際に除けるが、病気やケガのように個体に特異的なもの(個体環境)は、除くことができない.しかし、個体環境の能力発現に対する影響は牛群環境と同様に大きい.そこで、能力発現に影響を与える個体環境効果を補正するために、それぞれの個体環境が泌乳能力発現に与える影響について解析を行う。
研究分担畜産・家畜育種研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034878
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat