ウシのオス特異的DNAを用いたフリーマーチン判定法の開発(221)

ウシのオス特異的DNAを用いたフリーマーチン判定法の開発(221)

課題番号1993002168
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間単H04〜H04
年度1993
研究問題草地・飼料作を基盤とする寒地畜産における総合生産力向上技術の確立
大課題乳牛・肉用牛の低コスト飼養管理技術の開発
中課題高能力乳牛・肉用牛の増殖技術の確立
小課題ウシのオス特異的DNAを用いたフリーマーチン判定法の開発(221)
摘要PCR用のプライマーは4種類のうちbtDYZが良く、アニール温度は60℃が最適であった。本法はメスDNAに対して1万分の1の割合に混入したオスDNAを検出でき、10万個の細胞に相当するDNAを一度にスクリーニングすることが可能となった。異性双子メス牛17頭に本法を応用した結果は染色体観察法の結果と一致した。また複数胚移植由来単子メス牛22頭を調べたところ、染色体観察法では22頭全てが正常メスと判定されたが、PCR法で1頭にオス細胞が混入していることが判明した。この1頭の生殖器は肉眼的にはメスの形態を示していたが、組織学的検査によって卵巣の一部に精巣に特有なセルトリ細胞が混在しており、PCR法の結果と一致する所見が得られた。
研究分担畜産・家畜育種研家畜繁殖研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034885
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat