牛舎パドック泥ねい化防止技術の開発(279)

牛舎パドック泥ねい化防止技術の開発(279)

課題番号1993002232
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間延H01〜H05
年度1993
研究問題寒地生態系の特性解明及び管理・利用技術の確立
大課題寒地大規模農業における生物・物理情報の解明と農業機械・施設の制御技術の開発
中課題農業施設における自然資源の有効利用と環境制御技術の開発
小課題牛舎パドック泥ねい化防止技術の開発(279)
摘要エキスパンドメタルとジオテキスタイルを組み合わせて地表面に設置することによる泥ねい化防止効果を実証的に検討するため、北農試・根釧農試・北大農場・浜中町内の酪農家の4箇所で実験を行った。いずれの実験でも資材の設置によって泥ねい化の防止は可能であった。しかし、ジオテキスタイルがプラスチック材料であることから、金属性の排土板による除ふんを行うことができず、作業性向上のために機械除ふんの方法を検討する必要性が示唆された。5年度には機械除ふん方法の検討を行うとともに、資材の強度低下を測定し耐用年数と経済性を明らかにする。
研究分担農村計画・農地施設研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034949
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat