スポット防除メカニズムと制御技術の開発(283)

スポット防除メカニズムと制御技術の開発(283)

課題番号1993002235
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間継H04〜H07
年度1993
研究問題寒地生態系の特性解明及び管理・利用技術の確立
大課題寒地農業情報システムの開発
中課題圃場・作業情報システムの確立
小課題スポット防除メカニズムと制御技術の開発(283)
摘要雑草の位置や量に対応して除草機構の制御が可能なスポット防除メカニズムを開発する。4年度は除草機構の設計に必要な基礎データを得るために、機械除草の作用のうち雑草の引き抜き力ならびに覆土による殺草効果について検討した。直播てん菜、雑草ともに引き抜き力は草丈にほぼ比例して増大する傾向にあり、5cm以下の草丈では引き抜き力に差がなく0.3kg以下であった。また、引き抜き力は草種により異なり、イヌビユ、オオイヌタデで約1kg以上、ハコベ、スカシタゴボウは0.4kg以下であった。覆土は少なくとも草丈の1.5倍以上の厚さが必要であり、2倍の覆土厚さでは雑草は全て褐変し、再生する状況にはないことなどが明かになった。
研究分担畑作管理・大機械研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034952
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat