北海道における土地生産力評価システムの開発(286)

北海道における土地生産力評価システムの開発(286)

課題番号1993002238
研究機関名北海道農業試験場(北農試)
研究期間中S63〜H04
年度1993
研究問題寒地生態系の特性解明及び管理・利用技術の確立
大課題寒地農業情報システムの開発
中課題地域農業情報利用システムの開発
小課題北海道における土地生産力評価システムの開発(286)
摘要作物収量、土壌、地形、気象データのデータベース化を行い、これらの相互作用を統計的手法を用いて解析し、総合的な生産力評価手法を確立する。また、土壌、地形、気象データについてメッシュ図を作成し生産力評価図を作成するシステムを開発する。3年度までに、十勝支庁管内池田町の昭和59年度から63年度の気象・土壌データを用いて大豆収量区分を計算し、収量区分図を作成した。さらに、収量区分図から計算によって求めた町全体の平均収量は統計値の1.1倍であることを明らかにした。中断の理由は、4年度中途において、国際事業団から土壌の専門家としてとして、タイ国へ長期派遣され、中断せざるを得なくなったためである。本研究は研究担当者が派遣職員から当研究室へ復帰する平成5年度から再開する予定である。
研究分担生産環境・土壌特性研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034955
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat