南大洋スケールにおける海洋環境構造の統合解析(7)

南大洋スケールにおける海洋環境構造の統合解析(7)

課題番号1993005443
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間継H02〜H07
年度1993
研究問題水域の水塊構造と変動機構の解明
大課題遠洋水域の海況変動機構の解明
中課題南大洋域の海洋特性及び水塊構造の解明
小課題南大洋スケールにおける海洋環境構造の統合解析(7)
摘要南極海・南大洋スケールにおける生物の分布生態に対応できる綿密な環境構造の調査・解析を進めた。特に大西洋セクター・スコシア海の50゜Sから62゜20’S間の45゜W線沿いにおいて、表面から海底付近までの海洋構造を解析した。その結果、0℃以下の低温な南極表層水は57゜30’Sまで張り出していた。南極前線域は56゜S付近に認められた。45゜W線を横切る最大流速は南極前線付近にみられ、12,5cm/s(東向流)であった。またサウスシェトランド諸島周辺水域で顕著な風成沿岸湧昇流が発生している可能性が示唆され、本水域における生物生産にとって、この湧昇現象は重要な役割を持つと考えられた。
研究分担海南大洋・南大洋資研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034966
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat