さけ・ます類の海洋生活期における減耗要因の解明(23)

さけ・ます類の海洋生活期における減耗要因の解明(23)

課題番号1993005461
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間継H03〜H07
年度1993
研究問題水産資源の生物特性の解明
大課題遠洋水域における水産資源の生物特性の解明
中課題溯河性さけ・ます類の生物特性の解明
小課題さけ・ます類の海洋生活期における減耗要因の解明(23)
摘要日本系シロザケ幼魚の魚類と海鳥類による捕食減耗の程度を調べ、魚類ではホッケとウグイによる捕食、海鳥類ではウトウとウミネコによる捕食がシロザケ幼魚の減耗に深く関与していると推定した。またさけ・ます類の捕食者と考えられるミズウオダマシの海洋分布を、45〜3年に北太平洋とその周辺海域でさけ・ます調査船によって収集された漁獲記録に基づいて解析し、本種が北太平洋の亜寒帯海域に広く分布していることを明らかにした。更に体表に傷をつくってさけ・ます類の死亡原因となるサケジラミの寄生状況を調べ、カラフトマスにおける寄生率と寄生数がさけ・ます類6種の中で最も高いことを明らかにした。
研究分担北洋資源・さけ生態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030034984
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat