大西洋メカジキの資源評価(74)

大西洋メカジキの資源評価(74)

課題番号1993005513
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間継S62〜H07
年度1993
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題遠洋水域における水産資源の変動機構の解明
中課題高度回遊性魚類資源の変動機構の解明
小課題大西洋メカジキの資源評価(74)
摘要資源評価は、VPAと非平衡時下でのプロダクションモデルによって行われた。VPAはADAPTと呼ばれる手法が用いられた。年齢別CPUEの推定に際して、従来のスライシング法ではなく、年齢間に体長の重なりを許す方法も試験的に採用された。VPAの結果は、1歳魚は63年まで増加し、2年に減少、3年に再び増加していることを示した。また、2−4歳魚は62年まで増加し、その後は変動している。5歳以上のものは減少を続け、現在は、53年の約半分のレベルにある。プロダクションモデルによる解析結果は、MSYが、14,300−15,200トンで、現在のバイオマスは、MSYを与えるバイオマスの84−92%となっていることを示した。
研究分担浮魚資源・まぐろ生研熱まぐろ研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035036
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat