大型鯨類の資源量とその変動の研究(80)

大型鯨類の資源量とその変動の研究(80)

課題番号1993005519
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間完S63〜H04
年度1993
研究問題水産資源の変動機構の解明
大課題遠洋水域における水産資源の変動機構の解明
中課題鯨類資源の変動機構の解明
小課題大型鯨類の資源量とその変動の研究(80)
摘要重要大型鯨類の資源量推定のために、北太平洋北西部、同中緯度海域、オホーック海及び日本海へ大型鯨類の回遊盛期にあたる夏期に目視調査船を派遣し、関連情報の収集にあたった。これらの調査から北西太平洋ミンククジラ、西太平洋ニタリクジラの資源量を推定し、更に小型捕鯨対象種のツチクジラ、コビレゴンドウの資源量を推定した。また、南半球ではIWC国際調査計画(IDCR)の下に、54年より南極海のミンククジラ目視調査が実施されており、当研究室はこの計画の基幹をつとめ国際協力の下に計画立案や調査運営にあたり、当初の目的を達成したので、本課題を終了する。今後は、IWC改訂管理方式の運用に備えて、必要精度以上の推定値をえるための調査実施とと解析法の検討、更にモニタリング手法の検討が必要であり、これらは新規課題で取り組む。
研究分担外洋資源・大型鯨研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035042
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat