クロマグロ加入量変動機構の解明(109)

クロマグロ加入量変動機構の解明(109)

課題番号1993005547
研究機関名遠洋水産研究所(遠水研)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題有用水産資源の培養及び管理技術の確立
大課題広域回遊型魚類の加入量の人為的増大に関する研究
中課題クロマグロの資源添加システムの確立
小課題クロマグロ加入量変動機構の解明(109)
摘要クロマグロ資源は加入量の変動が大きく、卓越年級群が発生することが知られている。人為的に資源量を増大させるシステムを確立するためには、加入量変動の現状とその機構を解明し、天然の加入量に対応した適切な種苗放流を行なう必要がある。そこで、日本周辺の主要水揚地の水揚量、魚体の大きさ等を調査し、それに基づいてクロマグロ幼魚の加入量を推定するとともに、種苗放流技術を確立するための基礎とする。4年度は別課題(68)で水揚量、魚体サイズ等を調査しているため、本課題では特に調査研究は行なわなかった。
研究分担浮魚資源・温まぐろ研熱まぐろ研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035070
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat