土壌酵素活性測定法の検討(15)

土壌酵素活性測定法の検討(15)

課題番号1993004107
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明
大課題森林立地の特性の解明と評価
中課題森林土壌における物質変換及び移動の解明
小課題土壌酵素活性測定法の検討(15)
摘要arylsulfataseの基質濃度と反応速度の関係から、Lineweaver−Burkを用いてKm=0.077M、V=28.2(μmol/g/h)が得られた。pHに対する活性の変化を測定し、phosphataseではpH6.0、β−GlucosidaseではpH4.8、arylsulfataseではpH6.2が最適pHであることが明らかになった。各酵素について季節変動調査をおこない、A地点におけるphosphatase活性が4月に他の4回の観測データの8倍近い値を示したが、それ以外はどの酵素活性もほぼ安定しているという結果が得られた。A地点の4月のphosphatase活性を除けば、季節による変動よりも地点間による差の方が大きく、定常的な何らかの選択的な生物活動が行なわれている可能性が高い。今後も調査を続行し、より明確な季節変動を把握する必要がある。
研究分担森林環境・土化研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035084
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat