森林土壌の保水・浸透能向上技術の開発(22)

森林土壌の保水・浸透能向上技術の開発(22)

課題番号1993004117
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H05
年度1993
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明
大課題森林立地の特性の解明と評価
中課題森林土壌の水・熱環境の解明
小課題森林土壌の保水・浸透能向上技術の開発(22)
摘要神子内担当区内のミズナラ林は、漸伐前は透水性が379.9cc/min.、粗孔隙が45.4%であった。漸伐1.5年後の粗孔隙は40.7%と漸伐0.5年後の値と変化なかったが、透水性は減少し、123.1cc/min.となった。堆積腐植ではMor型のF層がMull型よりも2倍以上保水率が高く、−3KPa以下の領域ではこの傾向は顕著であった。また、堅果状構造の発達したA層は無構造のC層よりも保水率の変動が大きいが、無構造の土壌に比べ、保水率は1.5倍も大きかった。京都のヒノキ林の例を用いてシミュレートすると、速い流出量(pF1.7以下の孔隙中の水の移動)はpF1.7〜2.7に相当する孔隙量に依存し、遅い流出量(pF1.7〜2.7に相当する孔隙中の水の移動)は全孔隙量が10%減少しても影響を受けず、間伐後の変化も速い水の移動に比較し、顕著ではなかった。
研究分担森林環境北海道・地質研土壌研土物研立地研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035094
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat