流出解析による流域保水容量の広域的評価

流出解析による流域保水容量の広域的評価

課題番号1993004125
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H05〜H07
年度1993
研究問題森林生態系における立地環境及び植物相の特性と機能の解明
大課題森林立地の特性の解明と評価
中課題立地情報の解析と土壌資源評価技術の開発
小課題流出解析による流域保水容量の広域的評価
摘要森林土壌あるいは山地の保水特性は、地質や地形、気候や植生などの環境条件によって異なると考えられる。本研究では、地質、地形、土壌、気象などの立地環境条件と保水機能との関係を解明し、保水機能の類型化を行う。また、広域的な保水機能の定量的評価手法を開発する。本年度は、関東以北の地域について、「多目的ダム管理年報」から主要な地質条件別にダムを選定し、日流量及び日降雨量のデータを用いて流出解析を行い、これを基に流域の保水容量を推定する。
研究分担森林環境・土物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035102
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat