筑波共同試験地の鳥類群集(94)

筑波共同試験地の鳥類群集(94)

課題番号1993004190
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H06
年度1993
研究問題森林生態系における微生物及び動物の機能の解明
大課題森林動物の分類と生理・生態及び生物間相互作用の解明
中課題野生鳥獣の生態と種間相互作用の解明
小課題筑波共同試験地の鳥類群集(94)
摘要筑波共同試験地の鳥類群集を調査し、その季節的、年次的変動をモニタリングするため、各月の後半に3ー5日ずつ、霞網による捕獲調査とラインセンサスを行った。本年度は大陸産の帰化種であるソウシチョウの増加が目だち、7ー10月の間に37羽が捕獲標識された。本種は近年九州や中部地方で急速に数を増やし、関東でも筑波山系の他でも各地で記録されるようになっており、今後の動向が注目される。
研究分担森林生物・鳥獣生態研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035167
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat