山地地表面過程のパラメータ化(131)

山地地表面過程のパラメータ化(131)

課題番号1993004220
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H04〜H07
年度1993
研究問題森林の水土保全・防災機能の維持・増進技術の高度化
大課題森林の防災機能の解明と森林災害防止技術の向上
中課題森林が気候形成に及ぼす影響の解明
小課題山地地表面過程のパラメータ化(131)
摘要山地地表面におけるエネルギー交換に大きな影響を及ぼす積雪過程について、宝川試験地の冬季連続気象観測の結果をもとに検討した。日射・気温・湿度・風速などの観測データをもとに、雪面熱収支モデルを適用して積雪水量を計算した結果は、積雪重量計および積雪調査の観測結果とよく一致し、熱収支において放射成分の役割が非常に大きいことがわかった。この結果は、今後、起伏の著しい山地における積雪の分布状態を求め、広域でのエネルギー交換を推定してゆく上での基礎として重要である。
研究分担森林環境・気象研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035197
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat