表層雪崩の発生予知システムの開発(147)

表層雪崩の発生予知システムの開発(147)

課題番号1993004235
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題森林の水土保全・防災機能の維持・増進技術の高度化
大課題森林の防災機能の解明と森林災害防止技術の向上
中課題防災林の機能解明と造成・維持及び管理技術の開発
小課題表層雪崩の発生予知システムの開発(147)
摘要新潟県及びその隣接県で起こった過去90年間の雪崩災害を新聞紙上より収集し、整理した。その内、昭和59年から平成2年までの7冬季間に新潟県で起こった雪崩について、雪崩の発生と発生当日の日降雪深の関係を調査した。その結果、雪崩の発生頻度は日降雪深10cm未満と30〜39cm、60〜79cmのところでピークを持つことが示された。日降雪深10cm未満で起こった雪崩の多くは湿雪全層雪崩、60〜79cmで起こった雪崩のほとんどは乾雪表層雪崩と考えられた。乾雪表層雪崩の頻度分布が日降雪深60〜79cmにピークを持つことは、当地で開発した予測手法による計算結果と良い一致を示している。
研究分担森林環境・防災林研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035212
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat