土壌条件の違いが水溶性窒素と硫黄の動態に与える影響(155)

土壌条件の違いが水溶性窒素と硫黄の動態に与える影響(155)

課題番号1993004240
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題森林の環境形成機能の解明と評価
大課題人間活動によって生じる環境インパクトの森林への影響評価
中課題大気汚染等の森林生態系への影響評価
小課題土壌条件の違いが水溶性窒素と硫黄の動態に与える影響(155)
摘要スギ平地林における降水・樹幹流による物質流入量を明らかにし、土壌に与える影響及び水溶性窒素と硫黄の動態を検討した。一般に老齢大径木の樹幹周囲ほど表層土壌のpHが低く、衰退程度が高いスギ林ほどpH低下が著しかった。樹幹直下の土壌断面にもpH低下がみられ、土壌水の溶存イオン濃度も高く、水溶性アルミニウム濃度が20mg/lに達するところがあった。茨城県茎崎町における測定では、樹幹流の溶存物質の80−90%は、周囲の林冠層より突出した部分で捕捉された湿性/乾性降下物と樹体から溶脱した物質であった。樹皮から滲出する水溶性窒素はほとんどがアンモニア態であった。硫酸イオンとともに衰退地の試料ほど、また老齢大径木ほど単位樹皮面積当たりの滲出量は多かった。
研究分担森林環境・土物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035217
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat