大型野生動物に与える狩猟の影響と評価(176)

大型野生動物に与える狩猟の影響と評価(176)

課題番号1993004249
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H07
年度1993
研究問題森林の環境形成機能の解明と評価
大課題人間活動によって生じる環境インパクトの森林への影響評価
中課題野生生物に与える人為的影響の解明と評価
小課題大型野生動物に与える狩猟の影響と評価(176)
摘要生息密度の低下を目的としたカモシカの捕獲が開始され13年が経過した。この間捕獲された個体はほとんどすべてが標本として回収され、性、年齢、繁殖状況(メスのみ)が査定された。今年度はこれに基づいて作成された年次齢構成からコーホート分析を行い、13年間の個体群の動態を明らかにした。このおもな結果は以下の通りである。個体数はゆっくりと減少し、近年では1,000頭前後を推移しつつある。加入数は250〜380頭の間を推移し、年次的な変動が著しかった。この変動には環境要因、とくに積雪との間に有意な相関が認められた。捕獲数は年次的に変化したが、3ケ年を除き加入数を上回ることはなかった。全体として、カモシカの特別許可は個体群を著しく破損することなしに、生息密度の一定の低下に成功しているといえる。
研究分担森林生物・鳥獣管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035226
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat