G.I.S.を利用した地域森林資源の推移と供給予測システムの開発(200)

G.I.S.を利用した地域森林資源の推移と供給予測システムの開発(200)

課題番号1993004269
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H06
年度1993
研究問題森林の総合的利用計画方式の確立
大課題環境情報を組込んだ森林資源管理技術の開発
中課題環境保全を重視した計画管理手法の開発
小課題G.I.S.を利用した地域森林資源の推移と供給予測システムの開発(200)
摘要本研究のテストエリアとして神奈川県南足柄市と山北町を選定した。木材生産機能に的を絞ると、路網密度、県有林の施業活動が活発であること等から南足柄市が有望であり、その他の機能・特性を考える場合には山北町が適切である。神奈川県の森林簿に相当するARC/INFOのデータベースに含まれている林業関係の情報項目である林種、樹種、樹高、林齢、立木本数階、樹冠疎密度、森林所有形態、保安林(12種)、自然公園、都市計画区域、法規制、林班、標高、傾斜、斜面方位、局所地形、日射量、年平均気温、年平均降水量、表層地質、森林土壌、行政界などのデータの収集を行い、一部、GISデータベースへ移植した。
研究分担林業経営・解析研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035246
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat