森林地形の簡易把握手法の開発(229)

森林地形の簡易把握手法の開発(229)

課題番号1993004303
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H05
年度1993
研究問題林業の機械化と森林作業技術体系の確立
大課題作業技術の改善と作業体系の確立
中課題作業計画法の改善と作業システムの確立
小課題森林地形の簡易把握手法の開発(229)
摘要伐区程度の面域を対象とした数値地形モデルの作成手法を検討した。ディジタイザによって地形図より得られる等高線データから、パーソナルコンピュータによって数値地形モデルを作成する手法として、等高線データが近似的に線データと見なせることに注目して、新しいアルゴリズムを提案した。まず全ての格子点に定数による初期解を与え、次に等高線による地表高と初期解の差を算出、等高線の線ボロノイ領域に対して解の補正を繰り返すアルゴリズムである。この手法により、充分な正確さで地形をモデル化することができたが、尾根や山頂部で局所的に誤差が生じるなどいくつかの問題があり今後の改良を要する。
研究分担生産技術・計画研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035280
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat