複合路網の計画法(249)

複合路網の計画法(249)

課題番号1993004318
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題林業の機械化と森林作業技術体系の確立
大課題森林路網の計画及び施工技術の高度化
中課題林道・作業道の計画法と作設・管理技術の改善
小課題複合路網の計画法(249)
摘要集運材経費を最少にする最適木寄せ距離と最適複合路網密度を求める方法を提案した。複合路網とは、林道または作業道(永久道)と集材路(仮設道)から成る。また、複合路網が成り立つための諸条件について検討し、それを判定する条件式を導いた。この方法により、コストを最少にするタワーヤーダ集材の路網密度、スパン長などを計算した。
研究分担生産技術・林道研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035295
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat