関東・中部地域におけるサクラてんぐ巣病等の防除技術の開発(260)

関東・中部地域におけるサクラてんぐ巣病等の防除技術の開発(260)

課題番号1993004330
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H09
年度1993
研究問題森林生物管理技術の高度化
大課題森林微生物制御技術の開発
中課題森林病害制御技術の開発
小課題関東・中部地域におけるサクラてんぐ巣病等の防除技術の開発(260)
摘要多摩森林科学園において発生病害の同定を行うとともに、そこで被害が目だった幼果菌核病の防除方法について検討した。同病は例年より被害が激しかった。特に被害が激しい品種は、ヒカンザクラ、ツバキカンザクラ、エドヒガン、イトザクラなどであり、ソメイヨシノ、ヤマザクラなどは個体差が大きかった。室内試験で3種の薬剤の幼果菌核病菌の分生子発芽阻止効果を調べたところ、ベフラン10ppmは同濃度のベノミールに比べ阻止率が有為に高く、バイレトンは対照と差が見られなかった。ベノミール、ベフランをPDAに混合し、幼果菌核病菌菌そう成長への影響を試験した結果では、両薬剤とも1ppmでも菌そうの成長を極端に抑制し、薬剤間では差がみられなかった。子実体(子のう盤)形成条件を検討するため、春に分生子が形成された幼果を採取しポット中の畑土、鹿沼土に埋め温度を変えて試験した結果、条件によって発生が促進されることが確認された。
研究分担森林生物・樹病研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035307
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat