スタイナ−ネマ・クシダイの液体培地による大量増殖技術の開発

スタイナ−ネマ・クシダイの液体培地による大量増殖技術の開発

課題番号1993004350
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H05〜H11
年度1993
研究問題森林生物管理技術の高度化
大課題森林動物管理技術の開発
中課題天敵利用技術の開発
小課題スタイナ−ネマ・クシダイの液体培地による大量増殖技術の開発
摘要USAではスタイナーネマ・カルポカプセの液体培地によるタンク培養法が既に開発されており、生産された線虫は生物農薬として市販されている。そこで、わが国で発見されたコガネムシ類幼虫に特に強い殺虫性を示すスタイナーネマ・クシダイの液体培地による大量増殖技術を開発する。靜置培養・振とう培養・回転培養・かくはん培養による培養効率を比較(5年度)・培養中の培地のアンモニア濃度・pH等の変化を調査(6年度)・培養中の培地への成分の補給及び培地中への通気等の影響を調査(7年度)・本線虫を各種化合物に封入後、長期生存能力及び殺虫活性を調査、及び本線虫の耐(半)乾燥性の生理的機構の解明による製剤化技術の開発(8〜11年度)。
研究分担森林生物・昆虫生理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035327
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat