ヒノキカワモグリガNPVの大量生産法の開発(288)

ヒノキカワモグリガNPVの大量生産法の開発(288)

課題番号1993004356
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H03〜H04
年度1993
研究問題森林生物管理技術の高度化
大課題森林動物管理技術の開発
中課題天敵利用技術の開発
小課題ヒノキカワモグリガNPVの大量生産法の開発(288)
摘要ヒノキカワモグリガの病原微生物の一つ、NPVを、大量生産するのに必要なヒノキカワモグリガの樹立細胞系を作出するために、胚子細胞の初代培養を行った。胚子切断片からは、血球状細胞と筋肉細胞を主体とする多数の細胞が遊出した。筋肉細胞は短期間で大部分が衰退したが、血球状細胞は一時的に減少はしたものの、比較的健全な状態で細胞が維持され、次第にその数が増加しており、細胞系が樹立される可能性がみられた。ウイルス増殖の代替宿主としてチャハマキにこのウイルスを接種したが、死亡虫からこのウイルスは検出できず、病原性はほとんどないと考えられた。
研究分担森林生物・昆虫病理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035333
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat