ニホンジカ環境収容力推定のための植生動態解明(299)

ニホンジカ環境収容力推定のための植生動態解明(299)

課題番号1993004365
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題森林生物管理技術の高度化
大課題森林動物管理技術の開発
中課題野生鳥獣群集の構造と動態の解明による管理技術の開発
小課題ニホンジカ環境収容力推定のための植生動態解明(299)
摘要シカに対する環境収容力に大きな影響を与えるササを中心に、現存量調査方法の高度化を図る目的で統計的、もしくは文献的検討をおこなった。まず、日光荒沢流域において1m×1mのプロットの刈り取り調査によって得たササ現存量データを分析し、ササの密度と測定誤差の関係から効率的な測定法を検討した。また、省力的に広域の植物現存量測定ができる方法として、光学的手段を用いた遠隔測定の可能性を文献情報によって検討し、いくつかの可能性を見出した。さらに、日光における積雪深の変化とササ群落の分布から、シカにとって摂食可能な植物量の日変化の算出を試みた。
研究分担森林生物・鳥獣管理研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035342
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat