林畜複合的土地利用の現状分析(306)

林畜複合的土地利用の現状分析(306)

課題番号1993004371
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H03〜H04
年度1993
研究問題林業の経営管理方式の確立
大課題林業における合理的生産・流通システムの究明
中課題林業生産のシステム化技術の開発
小課題林畜複合的土地利用の現状分析(306)
摘要混牧林施業は植栽木を育てながら、林冠が閉鎖するまでの10年間を放牧利用する「幼齢林型」、若・壮齢人工林を過度に間伐し数十年先の主伐期までを放牧で現金収入を得ようとする「長伐期型」、短伐期の広葉樹林を放牧利用する「チップ材型」、公有林を中心に長伐期の天然林において大規模に放牧を行う「牧野林型」の4つに区分される。各タイプの事例を取り上げて、その利点や問題点を明らかにすると共に、木材価格の低下に苦しむ日本林業の打開策としての林畜複合経営の展開方法を提案した。
研究分担林業経営・生産シス研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035348
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat