土壌−植物系の養分動態モニタリング

土壌−植物系の養分動態モニタリング

課題番号1993004400
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間新H05〜H09
年度1993
研究問題亜寒帯・針広混交林帯における森林の特性及び機能の解明と公益的機能利用技術の高度化
大課題天然林生態系の構造と動態の解明
中課題天然林構成樹種の立地特性の解明
小課題土壌−植物系の養分動態モニタリング
摘要森林の持続的利用のためには、森林土壌の性質に由来する地力の維持機構、立地条件と養分賦存量の関係、立地条件と植物の物質経済的側面等の解明が必要である。本研究では、立地ごとに有用樹種の物質循環特性を明らかにし、その成果を立地区分の再検討に資する。本課題の遂行には老朽化の著しい原子吸光炎光分光光度計を、微量元素の定量が可能な偏光ゼーマン式のグラファイト炉併用型に更新する必要がある。(研究項目と年次計画)立地・樹種特性と生葉/落葉の養分物質量比較(H5〜7)。土壌溶液のモニタリング(5〜7)。樹体の栄養状態モニタリングのための手法開発(6〜8)。土壌有機物の無機化速度(6〜8)。物質循環特性の摘出及び特性値による立地区分の再検討(8〜9)。
研究分担北海道・土壌研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035377
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat