森林継続調査法による長伐期林分情報の整備方式の開発(345)

森林継続調査法による長伐期林分情報の整備方式の開発(345)

課題番号1993004412
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H07
年度1993
研究問題高度に自然力を活用した森林施業技術と経営管理技術の確立
大課題天然林の施業及び管理技術の改善
中課題天然林施業計画手法の改善
小課題森林継続調査法による長伐期林分情報の整備方式の開発(345)
摘要これまで北海道内のカラマツ人工林の地位指数曲線は、若齢林のデータをもとに作成された数値を使用してきたが、高齢林が増える傾向にあることからその再検討が必要となっている。このため、林齢の経過とともに全道から新たに収集された林齢40〜50年の資料を加え、既往の地位指数曲線の改訂を行った。その結果、地位指数曲線は全体的に高い値に修正された。また、密度管理図とこの新しい地位指数曲線を用いて収穫予想表を作成した。その結果、既往の収穫予想表に示す値に比べて、どの地位においても林分内容が上回っていることがわかった。
研究分担北海道・天然林研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035389
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat