年輪構成と材の構造(402)

年輪構成と材の構造(402)

課題番号1993004462
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H02〜H05
年度1993
研究問題成熟途上林業地帯における経営管理技術及び施業技術の高度化
大課題良質材生産技術の改善
中課題良質材生産のための育林技術の改善
小課題年輪構成と材の構造(402)
摘要針葉樹材の年輪幅と比重の関係をみると、一般に年輪幅の狭いものは広いものに比べて比重が大きい。しかし、カラマツでは年輪幅が比較的均等な中にあって、とくに、狭いものはStarved woodと呼ばれ、低比重がその特徴である。このような年輪が形成される原因として、食葉性昆虫による被害木に注目した。食葉性昆虫の被害により無葉化して、1シーズンに2度開葉した上層木から円板を収集し、年輪構造を調べた。被害当年の年輪は高さ0.5〜5.2mの間が早材細胞だけで構成されており、壁厚の晩材細胞を欠いていた。したがって、この区間の晩材率は0であるため、低比重の傾向は免れないものと考えられた。
研究分担東北・土壌研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035439
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat