林木の寒害発生機構(428)

林木の寒害発生機構(428)

課題番号1993004489
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S60〜H06
年度1993
研究問題多雪・寒冷地帯における森林維持・造成技術の高度化
大課題雪・寒害発生地帯の森林造成技術の向上
中課題寒害多発地帯における育林技術の改善
小課題林木の寒害発生機構(428)
摘要スギ寒害の発生機構を明らかにするため、恒温室を使用し、スギ鉢植え苗木の幹の一部を凍結し、風速条件を組合せ、スギ針葉の水分動態と被害発生との関連について検討した。無凍結苗木の場合、風をあてても、あてなくても針葉は一定の含水率(約140%)を維持し続けた。一部凍結した幹の上部の針葉含水率は147%だったものが、風をあてないものでは384時間後に75%、風をあてると70%に低下し、やや風による影響が見られた。致死含水率を80%とすると、幹を凍結し風をあてたもので288時間後に、風をあてない場合には336時間後に限界含水率になるものと思われた。#業績番号#:
研究分担東北・更新研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035466
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat