ブナ林の高度利用システムの開発(434)

ブナ林の高度利用システムの開発(434)

課題番号1993004494
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H03〜H05
年度1993
研究問題多雪・寒冷地帯における森林維持・造成技術の高度化
大課題ブナ等広葉樹大径用材林の造成技術の体系化
中課題ブナ林等の非皆伐施業技術の確立
小課題ブナ林の高度利用システムの開発(434)
摘要テストフィールドと定めた福島県南会津郡館岩村の林相、利用形態の異なる天然林、二次林の8林分を選び、毎木調査を行った。得られたデータから林分ごとの種多様性を算出するとともに、構成種の胸高断面積合計を変数とした主成分分析により、各林分の序列化を行った。種多様性はブナの天然林は低く、渓畔林では高かった。二次林では一般に種多様性が高いが、ミズナラ、コナラ林では低かった。主成分分析による序列化の結果、主成分の第■軸は遷移系列を示すと推察された。
研究分担生産技術東北・育林研経営研計画研広葉樹研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035471
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat