多摩森林科学園における昆虫相の実態解析(472)

多摩森林科学園における昆虫相の実態解析(472)

課題番号1993004529
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
他機関熱研
研究期間完H02〜H04
年度1993
研究問題関東中部地域における環境保全的森林管理技術の高度化
大課題首都圏における都市近効林の総合利用計画手法の確立
中課題都市近効林の特性の解明
小課題多摩森林科学園における昆虫相の実態解析(472)
摘要多摩森林科学園内に生息する昆虫を採集し、標本として保存するとともに、それらの種類を同定し、昆虫のリストを作成した。わが国で同定された約28,000種の昆虫のうち、当科学園内では、少なくとも12目323種の昆虫が捕獲された。内訳は、コウチュウ目が122種以上ともっとも多く、次いでチョウ目の86種、カメムシ目の31種、ハチ目の24種以上、バッタ目の20種、トンボ目の15種の順で多かった。ただし、当科学園内で頻繁に姿がみられるにもかかわらず採集されていない種や、トビムシ目のように最初から採集対象にしていないものも多く、実際は323種の少なくとも数10倍もの昆虫が生息していると考えられる。
研究分担森林科学園・生物研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035506
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat