ポドゾル地帯の立地条件の解析と導入樹種・更新法の開発(481)

ポドゾル地帯の立地条件の解析と導入樹種・更新法の開発(481)

課題番号1993004540
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S60〜H06
年度1993
研究問題関東中部地域における環境保全的森林管理技術の高度化
大課題高海抜地域における森林管理技術の改善
中課題ヒノキ天然林地帯の施業技術の開発
小課題ポドゾル地帯の立地条件の解析と導入樹種・更新法の開発(481)
摘要テトラピオン除草剤散布10年後のササの抑制状態は、前年に比較して稈数、平均稈長ともに若干小さくなった。したがってササ量指数も小さい値となった。葉数、葉面積は前年とほぼ同じであり、また、稈1本当りの着葉数は増加した。この場所でのササの繁茂状態は、安定化の状況になってきているものと推測される。ラウンドアップによるササの抑制経過では、1992年6月に抑制を継続するうえで10%含有フレノック剤を50■/ha散布した。ササ抑制状況下における稚樹の発生は1991年がヒノキ種子の豊作年であったことから、1992年には発生が多くみられた。現存本数はm2あたり約28本である。
研究分担木曽(主研)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035517
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat