温暖少雨地帯における林況変化が流出に及ぼす影響(503)

温暖少雨地帯における林況変化が流出に及ぼす影響(503)

課題番号1993004560
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継S60〜H09
年度1993
研究問題風致林及び都市近郊林の育成・管理技術の高度化
大課題都市近効林の防災的管理技術の向上
中課題温暖少雨地帯における森林の水保全機能の評価手法の開発
小課題温暖少雨地帯における林況変化が流出に及ぼす影響(503)
摘要ヒノキ人工林において林冠上の微気象と土壌水分の連続測定データ(1991年6月〜12月)を用いて、土壌水分の減少が蒸発散に及ぼす影響を解析した。6〜7月は土壌水分不足が発生しなかったため、蒸発散量は可能蒸発散量に近似した。しかし、8〜9月にかけての少雨により土壌の乾燥が進み、蒸発散量は減少した。蒸発散の減少が顕著になる水分点はpF2.45付近であることがわかった。また、この水分点を越えて乾燥が進むと、蒸発散は指数的に減少する傾向が認められた。今後は、林況変化に伴う水質変化の実態解明を行うため、水質・水文計測装置が必要である。
研究分担関西・防災研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035537
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat