低位生産林地における針葉樹生産機構の解明(525)

低位生産林地における針葉樹生産機構の解明(525)

課題番号1993004582
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H01〜H05
年度1993
研究問題関西地域における森林造成技術と経営管理方式の確立
大課題畿陽アカマツ林帯における森林造成技術の確立
中課題立地条件別育成管理技術の向上
小課題低位生産林地における針葉樹生産機構の解明(525)
摘要ヒノキの肥大成長の季節変化をデンドロメータによって調べた。その結果、直径成長は多くの個体で4月上旬〜中旬に始まり、5月上旬にピークに達した後、増減を繰り返して、8月から9月にかけて著しく減少するかあるいは一時止まり、9月〜10月にやや増加し、その後停止した。全体の傾向は斜面の上下であわり違わないが、8月〜9月に成長を停止する個体は斜面上部の方が下部より多かった。年間の成長量と成長期間との関係を調べたところ、成長量は成長期間がおおよそ100日までは小さく、それ以上ながくなると著しく増加し、両者は指数曲線で近似できた。次年度はヒノキの肥大成長の季節変化を継続調査し、樹冠量の季節変化との関係を調べる。樹冠量を非破壊的に継続して測定するためには樹冠・幹形解析装置が必要である。
研究分担関西・造林研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035559
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat