発生を回避するための施業技術の解明(551)

発生を回避するための施業技術の解明(551)

課題番号1993004604
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間継H04〜H06
年度1993
研究問題関西地域における森林造成技術と経営管理方式の確立
大課題良質材生産技術の高度化と経営管理方式の確立
中課題材質劣化防止技術の確立
小課題発生を回避するための施業技術の解明(551)
摘要過去のスギ黒心材およびボタン材の発生要因を把握するため、営林署および公立研究機関からの回答を解析した。黒心材・ボタン材の定義は地域により非常に異なり、両者を混同している場合も見られた。今後の発生要因調査においては改めて分類し定義する必要がある。発生要因としては、黒心材の形成は立地環境に起因し肥沃な多湿地に多い、あるいは特定の品種に多いという意見が多く、ボタン材は枝打や虫害を成因とする地域があった。今後の現地調査では、土壌水分、品種、傷害の有無に注目する必要がある。被害多発地を中心に、営林署と研究機関に対して、立地環境調査や試料採取の可能な林分の選定を依頼した。
研究分担関西・樹病研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035581
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat