ヒノキ樹脂胴枯病の生態と発生機構の解明(581)

ヒノキ樹脂胴枯病の生態と発生機構の解明(581)

課題番号1993004631
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題豪雨急傾斜地域における森林施業技術の体系化
大課題高度に人工林化した地域における林業経営技術の向上
中課題温暖多雨地における病虫害防除技術の開発
小課題ヒノキ樹脂胴枯病の生態と発生機構の解明(581)
摘要香川県・愛媛県において樹脂胴枯病の現地調査と菌の分離試験を行った。いずれも感染源は林内のネズミサシ、あるいは周辺のヒノキ老木であると推測され、送付された試料からはSeiridium unicorneが分離された。徳島県と高知県から分離されたS.unicorneを使って菌の成育試験を行った。その結果徳島県の試料から分離された菌は、高知県の菌に比べて成育が良好であった。林木育種センター四国事業場の耐寒性ヒノキクローンで樹脂胴枯病の発病状況を調査した。2〜3のクローンの発病は明確であったが、発病がみられないクローンが確認された。薬剤に対する病原菌の発育試験を行った。その結果30〜60分以上の浸漬時間が必要であることが認められた。
研究分担四国・保護研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035608
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat