常緑広葉樹林の極盛相形成過程の解明(593)

常緑広葉樹林の極盛相形成過程の解明(593)

課題番号1993004645
研究機関名森林総合研究所(森林総研)
研究期間完H01〜H04
年度1993
研究問題温暖多雨地帯における森林育成・管理技術の高度化
大課題常緑広葉樹用材林の育成技術の確立
中課題天然更新と保育技術の開発
小課題常緑広葉樹林の極盛相形成過程の解明(593)
摘要カシ類が優占する常緑広葉樹林が維持・形成される機構を解明する目的で、2箇所の固定試験地において、毎木調査、実生・稚樹の成長・生残、落下種子量、光環境の調査を行った。常緑広葉樹林内光環境は相対照度1.37%±0.26%であった。このような暗い条件下ではカシ類の稚樹が成長するのは難しく、後継樹の分布はギャップ依存的であった。この傾向はタブノキでも同様であり、カシ類とタブノキは盛んな種子生産によって稚樹バンクを維持し、ギャップ形成によって更新の機会を得ていることがわかった。一方、イスノキの種子生産はカシ類やタブノキと比べて貧弱であったが、うっ閉した林床でも生存率が高く、更新においてギャップに依存しないとみなせた。
研究分担九州・暖帯研
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030035622
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat